認知症介護【転倒予防】

足爪なんて別に、年なんだからキレイにしなくても…

足浴なんて、わざわざ家の中でやんなくても

そんなこと言ったって


じいさんの転倒予防に、今やるべきケアは足浴でした。


乾燥して伸び縮みもしない皮膚。

垢や、角質が鎧のように皮膚をまとい、皮膚が動くのを邪魔していました。


動きの悪い皮膚は、骨や筋肉が動くのを邪魔していました。


転びやすい足になっていました。


今やるべきケアでした。

清潔にして保湿する。

当たり前のケアです。

でも、見送られがちなことです。

実際に丁寧にやっている看護師はあまり見たことがないです。


認知症だからわからん、ではないです。

認知症だから必要としてない、ではないです。


認知症だから、丁寧に認知してもらうよう関わります。

足に気づきます。傷があることに気づきます。冷えていることに気づきます。

気づけば、セルフケアが始まります。


転倒予防に、四六時中見張ることも無理です。病院や施設でもできません。


見張るとゆう行為が、転倒に繋がることを、私達介助(看護)者は認知していなくてはいけません。


人として、楽に寝返りができる

人として、楽に立ち上がれる

楽に歩ける、楽に座れる、楽に床につける


そのために足元を整える、でした。


私たち介助(看護)者がやるべきケア、やりすぎてる必要ないケアは整理しないと共倒れしてしまいます。


家で見守るならなおさら。だと思います。