若いからやって

ユイが小学校に通いはじめ、少しずつ、学校は環境整備されていきました。


小さかった低学年の頃。

ユイを抱っこして介助するのは女性の介助者でもできました。



しかし成長とともに、持ち上げるユイの介助には力が必要になっていきました。


段差がある所は、男性の力を…

登下校のスクールバスに男性スタッフが配置されました。



ニナはユイと2歳しか年は違いません。

2歳分ニナの方がカラダは成長していたけども…

ニナの介助の時間は減ることはありませんでした。


ニナは

幼稚園の頃には腰痛がありました。

小学生にもなると、仰向けになって眠るのは辛くなってきました。

中学生になると、授業中座っていられず、体育の授業でも部活でも動けず、1時間休むこともありました。




でも、大人たちに言われました。



お母さんの代わりに

女の子なんだから

若いんだから…


…ぬ、(๑°ᄆ°๑)‼




こんだけボロボロになっていても、腰痛持ちだもんね、としか言われない。


こんだけボロボロなっていても、お母さんの代わりにならなきゃいけない。


女の子同士だからと、父よりも、お兄ちゃんたちよりも多く関わらなきゃいけない


若けりゃいーーーのかよーーー!



根本の原因は

普段の自分のカラダの使い方。

普段ユイと関わるときのカラダの使い方。


それから

もう、一生死ぬまで辛いんだってゆう思い込みでココロを病んでいた事。余計動きたくないカラダを無理に動かしていた事。


あの時、大人に

こんなしたら少し楽だよって教えてほしかった。


若くなくても

これくらいなら、私でも代わってやれるから休んでてって助けてほしかった。



でも、大変な時間だったけど、今、そのおかげでココロもカラダも変わることができた。


それなら、こうしようよ!

私もそうだった、でも良くなったよ。


って

提案できる大人になれた

そんな気がしてる(*´˘`*)♡


動きこそ宝よホントに…

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    くにちゃん (水曜日, 11 11月 2020 09:29)

    あの頃の二人、仲がいいねとだけしか思ってなかった。になちゃんに腰痛の悩みがあって、お母さんの役目まで担わされていたなんて。
    人との出会いがいかに大事か?キネスと出会って、二人が生き生きと活動していることを、とても嬉しくおもいます。応援してます。

  • #2

    ニナ (水曜日, 11 11月 2020 09:42)

    ✾くにちゃん
    いつも気にかけてくれてありがとうございます(^^)

    嘆いている自分をわがままに感じたりして、自分を幼稚だと感じてホントのココロやカラダの状態を封印している子、結構多いと思います。
    介護に関わる家族に限らず、人と人との対話の中で障害が起こっていると思います。

    昔の私を見るかのように、今、まさに家族介護している家庭で、同じように未来に不安を抱える親や、その負担を背負わなければならないような声掛けを受けている、きょうだいの子を目の当たりにしました。

    どうか未来に希望を持てるように、今このメッセージが届いてほしいと願っています。