提案しあって助け合い

Let's Go٩( ᐖ )وCinema

37秒間呼吸できなかった為に脳性麻痺になった23才のストーリー。性、自分の夢、一生懸命なお母さんとの関わり…とかね、いっぱい喋りたいんだけど、観に行ったほうがいい。ぜひ。

沖縄では今、南風原のサザンプレックスでしかやってなくって、事前に「車椅子を使っているのでお手伝いお願いできますか?」と電話をしてみると快くOKもらえたので、ちゃっかり早めにつかずに、上映15分前くらいに到着。

車椅子スペースはあったんだけどね…でも、最前列なので、シアターを見上げて頭をずっと上げてなきゃいけないので、首がしんどい…のとやっぱり、身体が自由に動かせる人は映画見ながらでも小さく体位を変えてキツくならないように自分でどうにかできるけど。身体が私よりも自由じゃないユイにとってはちょと大変。そして、伸展している体位はどんどん足の方向へ身体がズレていくので、滑り落ちることが予想されるし、そうならないように踏んばって映画見るのは辛いかも…とゆうことで、3段くらい上がれるようにお願いしてみると抱えてくれるとゆうことでした。

階段の横幅も縦の幅も車椅子ぴったり。


滑らないように安全に階段の登る方に向かって進むとあとでシアター向きに方向転換できない(-∀-;)


なので、車椅子はシアター向きに、進行方向は後ろ向きに担いでもらいました。


でも、車椅子も乗ってる人も重いもんだから…


段々になっている階段。大きいタイヤを乗せたらゴールだと思って先に登った方は一旦おろしちゃうけど、前タイヤはまだ乗り切ってないから、あわあわあわあわ(꒪ꇴ꒪ ; )

キュイーーーーン!!!


ってユイの身体が一気に緊張。

伸展して余計危険な方向になりました。


でも、なんとか登って、「やっぱり抱えるのは危険だし大変ってゆうのがわかったから、下りは足で一歩ずつ降りていく方法手伝ってもらおっか」


ってことで映画は首を楽に観ることが出来て、泣いて鼻水流したり、周りにもお客さんいるのにズレたタイミングで爆笑したり、身体が緊張してないから泣き笑いが楽にできました。笑

下りは、私がユイのお尻(肚)を介助。


スタッフの方にユイが

「私の左側の腕の手すりとなってもらえますか?」

とお手伝いを依頼。


あと、は進行方向に何かのためのお守り役と、下り終わったあとに車椅子を運んでくれる方のお手伝いがあって、スムーズに降りることができました\( ˆoˆ )/ ♡


車椅子スペースがあってバリアはフリーに見えるけど大変だったり…


階段があってバリアはあるけど、必要なだけのお手伝いをしてもらえたらバリアにはならない方法の提案ができたり


いろんなパターンで挑戦出来ることは、ホントに誇りだなと思いました。


キネステティク・クラシック・ネオの動きと考え方をもっててよかったぁ(*˘︶˘*)♡



お手伝いをしてもらったスタッフの方々より


「私達のほうが助けてもらいました。ありがとうございました。またお待ちしております。」


と、最後にお声掛けいただきました。


介助が大変じゃなくて、自分にもこれくらいならお手伝いできそうだなと分かると、きっとまた受け入れられるんだなと思いました。


お互いが楽な動きで介助をする、してもらう。


そうすると、お互いから「ありがとう」がでます(^^)


「ごめん」はもう辛いから卒業\( ˆoˆ )/ 


改めて「ありがとう」の言葉を大切に思いました。