ハンデを与えられた自分だから出来ること

この街で

地域の一人として生きていくために。


地域で困っている人の動きを楽にする学習のお手伝いをする。


子供との関わりに困っている家族や学校の先生たちが、楽な動きを学び、楽になったココロとカラダで自立支援が出来る、そんな案を出してサポートしたり。

自分を介助してくれるヘルパーさんたちが体を壊さないように、持ち上げずに介助をしてもらう。そのために、緊張を減らしたり、骨を貸しあったり、カラダの重さを分けてお互いが呼吸しながら動く。そうやってヘルパーさんの動きを介助したり。


障害者をもっていたら

頑張らないと生きられないとか。


その介助者として

頑張らないと力になれないとか。


この子のため親として

頑張らないと。頑張らさないといけないとか。


いつも頑張って息切れした関係にならないように。


楽な動きをするために、背骨を整えたり、足元を整えたり、彼女は学習し続けます。社会へ還元します。


まずは自分が楽な状態でいるように。

自分を大事にできたら、周りにも愛があふれるからね♡

書き終わりそうだったのに…笑


そういえば、


ハンデって障害をもっている人に使われてて、なんかちょと不利みたいな捉え方がされてるけど。


能力があるものに与えられたもの。


たくさんの能力と可能性を秘めてる。


その子と関わればこれまで気にもしなかったことが見えたり。

困難にぶつかったりしても乗り越える術を習得できて。

支えてくれる人が集まってくれて、人や物や環境が有難くなる。

そしてどんな困難にさえも、有り難いと感謝できたりね。


一緒にいると人生豊かになって得した気分になるよね。


わかる?笑

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    サトミ ナカモト (月曜日, 24 2月 2020 14:13)

    わかるーーー!
    ハンデを、持って
    得たたくさんの体験を
    世の中の人の支援に使う
    決心をしたユイさん

    応援する決心をした
    ニナさん

    二人を
    応援したいです。

  • #2

    ニナ (月曜日, 24 2月 2020 14:38)

    ✾サトミ ナカモト さん
    ハンデの意味が伝わりましたね!!嬉しいです( ᐛ )vハンデの本来の意味に返ってみて、ユイってかっこいいんだなと思いました!