壊してしまわないように

壊してしまわないように…

人の事を大切に思う気持ち。


でも、キネステティク・クラシック・ネオに出会うまでは、正直可愛がれませんでした。大切に思えなかった。妹に関われば、関わるだけ、私のカラダも壊れていくから…


脳性麻痺の診断を受けた妹は、人の手を借りなければ何もできない。そんな存在でした。

妹のお世話は当たり前に家族でカバーしてきました。


まだ、カラダが軽い頃は持ち上げて抱えてお世話が出来て、まぁ腰痛いけど出来なくはないし、やらなきゃいけないからやってました。


でも、女の子には体が大きくなるタイミングがあります。その時期が来ると途端に大きくなり、重くなり、さらに動きが悪くなる。


ユイと関わるとカラダが大変。

ユイと関わると時間が奪われる。

ユイと関わるとありがとうも嬉しくない。

ユイと関わるとごめんねがムカつく。


持ち上げて抱えるお世話には限界がありました。ユイのせいにしてた。


こんなに大変な事、家族以外の人様にお願いできない…と思っていました。



でも、同じように、「こんなに大変なやり方で、自分がもし失敗してしまったら、ユイを壊してしまうかもしれないから、ユイのことは出来ない」と、おばも思っていたようなのです。触れないから、と距離を置いていたとそんな思いを聞きました。


困っている人がいるのに、助けたい気持ちだけでは触れない


そんな思いをしながら関わっていてくれたことを知り、胸が苦しくなりました。


でも、キネステティク・クラシック・ネオを一緒に学習し始めたおばが言いました。


「怖くなくなった」


自分の動きがわかると、人の動きも手助けしやすくなります。どこに困っていて、どこを助ければいいかが見えるからです。


必要としているところを、必要なだけ。安全に、楽に、本人の能力を邪魔しないお手伝い。


楽じゃないとお互いの動きが止まってしまうくらい。無理できない楽なお手伝い。


ユイと関わってもカラダは楽

ユイと関わると時間がのびのびする

ユイと関わるとお互いにありがとうが

ユイと関わりはごめんねが減った


これなら人に頼める。

もっと皆ユイと関わってって思う(´∀`)



脳性麻痺は動けない理由にはならないみたい


自立、自立とゆうけれど


自立の支援がホントに出来ているのか。

訓練、継続、頑張れ、でお互いに苦しくなってないか。


ユイが気づかせてくれました。


頑張るのをやめて、楽にしてると、動きの可能性が大きくなる。そしたらほら、沢山の人と関わることができる。対話が広がる、、、あーもうどうしよ、可能性が٩( ᐖ )و笑


コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    サトミ ナカモト (火曜日, 19 11月 2019 06:18)

    大人になるときの、カラダの変化、それに伴う本人や家族の混乱、今まで気づかなかったことに気づかせてくれてありがとうございます。
    最近は、笑顔と笑い声、時に、ボケ役ツッコミ役のコントのようなやり取りになれてきて、
    そんなコミュニケーションがあったことを感じさせなくなってますね。すごいですね。

    壊してしまうのではないか…っていう不安を解決してしまう学習の提供が、できるようになってよかったです。

    これから、さらに、子供たち世代にも広がって、たくさんのコミュニケーションがとれるようになるとよいですね。

    楽しみですね!

    ヒヤ
    ヒヤ
    ヒヤ

    ヒヤミカチ良好なコミュニケーション!