意味のある言葉かけ

常識破りのワークショップin広島

3月23日に行って参りました。


参加してくださった方々と、色々な気付きや考え方をシェアする事ができ、私自身とても学びのある時間を過ごさせてもらいました。みなさん、本当にありがとうございました(*´꒳`*ノノ゙


さて、今回広島へ行ったわけですが…

飛行機や、車での移動。

もちろん、車椅子での移動も全部含めて。

24時間×4…

改めて、家族で介助をして生活することの大変さを感じることができました。と、同時にキネステティク・クラシック・ネオ(以下キネクラネオ)を知っていてよかったなと思いました。


ユイと過ごした、この4日間。心にも身体にもたくさん気づくことがあったので少しここに紹介していきたいと思います。


今回同行してくれたヒーロー。私の大学の恩師です✩*॰¨一緒にユイの介助をしてくれました。1枚目…


ユイは左手の筋肉が少ないのですが、骨はあるので体の重さを左側へ乗せることができます。重さをのせることは左側の得意分野(人´∀`).☆.。.:*

1枚目の写真だってほら見て…

左側を使っていることで、着地しています。なので、転んでしまう!とゆう危険は感じてないので身体が緊張していません。顔見てわかりますよね、穏やかな顔してる。ヒーローが左側にいてくれてるのも、心身ともに大きな支えになっている。


2枚目。

車椅子の肘置きに左手をのせて体の安定を保っています。

飛行機の乗り降りの際には、車椅子を乗り換える必要があります。狭い通路を通るには少しコンパクトな車椅子である必要があるからです。この車椅子なのですが、移動の際にタイヤや肘置きを外したり、付けたりして、移動の動作がしやすいようになっています。


なっているんですがぁ!!!


ユイは肘を置いて左手の重さをちゃんと左側にのせるために使っているんですよね。

航空会社のスタッフさんが「外しまーす」

とゆう声掛けをしてくれたのですが、


ユイは肘置きを使ってるんです、、、何度もゆう。笑

「外しまーす」て、何を?

じゃ、外される前にユイは何を準備したらいいの?


急に声をかけられて、これから起こることを教えてもらえずに、「外しまーす」ってタイヤや肘置きを外されると、今使っていた(もたれていた)肘置きがなくなるとビックリしますよね。


航空会社のスタッフを責めてるんじゃなくって、そーゆー対応を見たときに、我々キネクラネオを知っている人が今当たり前にできている言葉かけの必要性と大切さに気づくわけです。


1枚目のヒーローは、ユイが左側にいる自分のことを安心して使っている(もたれかかっている)事を知っているので、退いていなくなるときには、「左側離れるよ!」と声をかけます。

そしたら、ユイは「あ、じゃ今左側にもたれていたから重さを右側に移して、左側に倒れないようにしなきゃ」と準備をすることができます。


航空会社のスタッフさんもね、言葉かけの意味を分かっていたらもっとカッコイイなと思ったんです。


ユイに限らず、身体がどこか使いにくい方のお手伝いをするときに、ただ「外しまーす」ってゆうんじゃなくて。

「肘置きを外します。」て、ひと呼吸置くことだけでも、外れる前に行う身体の準備時間を提供することもお手伝いになるし、もっと、身体の観察ができるなら、ユイみたいに左側の筋肉が弱い方には、それなりの言葉かけができたり…



そしたら、航空会社のスタッフ皆かっこよくなーーーい⁉


介助の技を身につけるべき!ではなくて!


お手伝いをする時に「何かお手伝いしましょうか」とゆう言葉に意味を持たせるためにキネクラネオを知っていてもらえたらなぁとスゴく感じました。


介助を受ける人が動きやすいように介助するためには、介助の言葉には意味があった方がお互いに、ありがとうの感謝しあえる関係になれると思うんだなぁ…



なっがいのに最後まで読んでくださってありがとうございます(*´︶`*)❀また書きまーす

コメントをお書きください

コメント: 10
  • #1

    サトミ ナカモト (火曜日, 26 3月 2019 13:51)

    とても意義深い、意味のある言葉に関する学びのシェアをありがとうございます。
    気づいたことをフィードバックすること、そして、聞き流すのではなく、ちゃんと受け取ることが重要ですね。

    またステップアップですね。

    ありがとうございます。
    シェアさせてくださいね。

  • #2

    ニナ (火曜日, 26 3月 2019 14:05)

    ✾サトミ ナカモトさん
    ほんとに日常が学習の機会だなと感じました。また少しずつ、自分の体験を言葉にして整理しながらここに書かせてもらいたいと思います。シェアありがとうございます。

  • #3

    ヒロ (火曜日, 26 3月 2019 14:12)

    お疲れさん
    わても改めてキネステの大切を学びました。航空会社のスタッフもキネステ学べる何かきっかけ作りしたいと思いました。

  • #4

    ニナ (水曜日, 27 3月 2019 03:41)

    ✾ヒロさん
    ホントに今回もみなさんとの関わりでまた学ぶことがたくさんありました。ありがとうございました。色んなフィールドへアプローチしていけそうな感じですね(^^)楽しみです。

  • #5

    ワタナベ (水曜日, 27 3月 2019 11:42)

    ちょっと違うかもしれないけど、自分は「こっち向いてー」ではなく「左手上げますよー、左側向けますよー」って、声かけて左側上肢や肩触れてから、いるんだけどね。むかーしキネステ学び始めた時、体位交換でどこを触るか、どちらに向けるか、感覚、触覚機能弱い方が何をされるか分からない恐怖を受ける介助をしないようにってね。

  • #6

    ニナ (水曜日, 27 3月 2019 14:43)

    ✾ワタナベさん
    コメントありがとうございます(^^)ワタナベさんいつも丁寧に声掛けしてますよね、見習うべきところです┏○゛されて嫌なことはしない。でも、普段介助される立場になったことがないので、私達看護師って結構ヒドイことをしてたりしますよね。一緒に体験を増やしていきましょ‼

  • #7

    ワタナベ (木曜日, 28 3月 2019 11:32)

    YES!

  • #8

    さあさん (木曜日, 28 3月 2019 11:32)

    すばらしいね。
    ご自分の体験を言葉で表現できるって素晴らしいね。
    多くのナースが「声掛け」だけで意味のない言葉を掛けています。
    「元気ですか」「さあ、行きましょう」「頑張ろうね」・・・
    具体的な「意味」がないです。
    そこに細かく具体的に、一緒に動いて重さということの「意味」を体験させていく態度は素晴らしいです。

    飛行機での貴重な体験を書いてくださいましてありリガ等ございます。

  • #9

    ニナ (月曜日, 01 4月 2019 09:31)

    ✾さあさん
    わっ!さあさん!私が「声掛け」と「言葉かけ」を使い分けたのわかりましたぁ⁉(*゚∀゚ノノ゙☆そうなんです…ただ声をかけるのは、ただで出来るんですよね。言葉に意味を持って投げかけるのには、お手伝いの必要性を分かっている必要があると思います。そしたら相手へのホントの気づかいや、心配りのある対応ができるんだと思います。それがケアになると思うんです。ただやるのは、こちらの業務的な関わりであって相手のためのケアや援助ではないと思います。今回ユイのお風呂のお手伝いをしたときにそう思ったんだった、また書こう....〆(・ω・*)メモメモ。コメントありがとうございました(^^)

  • #10

    由衣 (月曜日, 15 4月 2019 12:17)

    航空会社のスタッフにただ声掛けされるのと
    キネステを知っている姉ちゃんやヒーローにお手伝いしてもらうのとでもは動きやすさが違いました。自分が今から何をしたいのか、相手に何をされるのかが分かるのと何も教えてもらえないのとでは安心感や動きやすさが全然違いますね!
    航空会社のスタッフの皆さんにもキネステを知ってもらえたらとってもかっこいいスタッフになると思います!!^_^