10日 8月 2019
(`・д・)「人生ハンディもっちゃいかん」 これまでを振り返るきっかけとなる言葉をもらいました。私の人生にはもれなくユイもいる。笑 ユイは脳性麻痺で、肢体不自由の障害者の妹として関わってきました。...
10日 7月 2019
ユイの足は車椅子。飛行機にのるのに、車への移動と同じように、少し人のお手伝いがあると動きやすくなる。私は家族であり、付添の介助者だった。「何かお手伝いしましょうか?」とユイに群がるCAさんたち。介助者で付添人の私は奥の隙間へ追いやられてしまった。結局一緒に飛行機に乗った仲間のヒーローが、ユイの移動のお手伝いをしてくれた。...
10日 7月 2019
どちらも同じ2者介助 介助を受ける人の動きの力は同じ でも、介助をする方の能力で楽に動ける キネクラネオを学習してみると、出来なかった事が出来るようになったけど。ようするに、楽に動くとゆう事ができるから可能性しかないとゆうこと。これまで、出来ないように介助しあってただけ。なのかも…...
28日 6月 2019
援助が必要な人が立ち上がるときに、介助者はどこを観察しているだろうか… 半身麻痺の人が立ち上がるとき、どこを介助するか。私が看護師になるために学校で教えられたのは「健側(障害がない方)に車椅子を置く」でした。...
26日 6月 2019
6月22日23日24日 キネステティク・クラシック・ネオ パーソナルレベル 楽しい学習の時間を過ごすことができました。 自分に目を向け、自分の身体の緊張に気づき、骨と筋肉で楽に動けることに気づきました。 普段楽に呼吸してなかったんだなぁ。 こんなに楽に動けるのに、力使ってたんだぁ。 自分で動きにくい環境を作ってたんだなぁ。...
26日 5月 2019
ゆんたくケア研究会共催 キネステティク・クラシック・ネオ サポーターレベル in 名桜大学 3日間の学習の場を皆で過ごし、私たち姉妹ファシリテーター自身も含めて、たくさんの事に気づかせてもらい、学習をさせてもらいました。 初めての体験って、難しく感じるけど実は新しくて楽しい。 やってみないと何も始まらない。...
05日 5月 2019
こんにちは、姉のニナです。 伊平屋に帰省してました\(°∀°)/ のどかであったー…1枚目 故郷の島はやっぱり穏やかで、人もみーんなあたたかく、帰省すると皆が「おかえりー」と声をかけてくれます。小さな島だからこそのあたたかさだと感じます。...
22日 4月 2019
妹のユイです! キネステティッククラッシック・ネオ(以下キネクラネオ)とキネクラネオの代表理事、中本里美さんと初めて出会った頃の話しをしたいと思います。 私がキネクラネオに出会ったのは2,3年ほど前のことです。 最初は姉からの紹介でキネクラネオを知りました。...
15日 4月 2019
妹のユイです。キネステティク・クラシック・ネオ(以下、キネクラネオ)に出会う前と今を振り返って感じた事があったので、 今じゃないと忘れる!と思って書きました。 私は、肢体不自由で、生まれた時から家族に介助してもらいながら生活してきました。 でも、小さい時は自分は障害者と思ってはいなかったんです。(友達と同じように遊べていたから)...
08日 4月 2019
さてさて…(急に始まる、笑 えーっと、前回は「意味のある言葉かけ」について少し書かせてもらいました。現場は空港。違う場面でまた気づきがあったので、今回は、「言葉と行動の不一致」をお話していきたいと思います。 ユイは車椅子を使って生活しています。...

さらに表示する